雑記帳

日々の雑多なことをメモしているサイトです。

DEEMO -LastDream-

      2016/01/03

※ご注意
このページはネタばれを含む可能性があります。ご了承の上、ご覧ください。

DEEMOーLastDreamー

スマホアプリDEEMOノベライズ

スマホの音楽ゲーム、DEEMOの小説です。
一緒に写ってるのは、アニメイト特典のLegacyのCD。

基本的には原作ゲームに忠実

全部で4章構成。
夢の世界から脱出するまでの1章、過去の話の0章、脱出した後の夢世界の2章、現実を生きるAliceのその後の最終章。
1章はスマホアプリのまま、DEEMOとの夢世界での生活、そこからの脱出まで。
0章はオリジナルで、Aliceの両親、事故にあうまでの生活などが描かれてます。
2章はvitaに収録されてるアフターストーリー。
仮面を壊す、被る両方のルートが書かれてます。
最終章は仮面を壊したAliceがその後、プロのピアニストになっているというオリジナル。

明確でない方がいいこともある

オリジナルの部分があることでAlice、Hans共にキャラクターに厚みが出たように感じるのですが、個人的にはそんなに必要ではなかったような気も。
両親の話や、少し変わった境遇など、それがメインのストーリー自体に厚みを持たせたかというと。。。
AliceがHansのことがすごく好きで、HansもAliceがすごく大切というのがわかればそれで十分な気がします。
Hansの視点の方が描かれてたらと面白いかなと。
Hansのどんな思いがあの世界を生み出し、Aliceとの時間をどんな思いで過ごし、ピアノを弾いたのか、仮面の少女となってしまったAliceに対してはどう思ったのかなどなど。

文章について

台詞の後ろにその時の状況を書くので、想像し直しが多々発生するのが気になりました。
「○○○○○」
少女は○○○のように言った。
という感じです。
読んでるときに、台詞部分の想像が直後に違くなったりしてしまうので、ちょっと読みにくく。

あと譜面やDEEMOがピアノを弾いてるときに曲名がわかると良かったかな。
Alice視点なので難しいところですが。

こういう可能性もある

ストーリーのオリジナル部分についてはそういう可能性もあるとして、ゲームで描かれてない部分はそれぞれの人がそれぞれの話を思い描くのが良いのかもしれません。
やや否定的に書いてますが、楽しく読みました。(自分がゲームから感じたのと少し違ったのだと思います。)

DEEMO -Last Dream- (ぽにきゃんBOOKS)

 - 感想