雑記帳

日々の雑多なことをメモしているサイトです。

【Twitter】フォロワー集めをしてみた

   

フォロワー集め

Twitter(ツイッター)のアカウントをフォロバ100%で運用して、フォロワー集めをしてみました。
とりあえず、1,000フォロワーまで集めました。
行ったこと、所感などを記しておきます。
最後にアカウントへのリンクも置いておきます。

行ったこと

手動でフォロー

フォロバ100%のアカウントを手動でフォローしてみました。
が、これが返してもらえないことがあり、手動の割に合わないということですぐに中止。

ハッシュタグ「いいねした人をフォローする」にいいね

「いいねした人をフォローする」タグのツイートにまたまた手動でいいね。
これは結構効果あり。
100フォロワー超えるあたりまではこの方法。

フォロワーさんに拡散依頼

100フォロワー超えたあたりで「フォロバ100」のタグをつけたツイートをフォロワーさんに拡散依頼。
ほぼ拡散されず。失敗。
手動で獲得したフォロワーは割りと見て拡散してくれるかなと期待してみましたが、そんな上手くはいかない。

ハッシュタグ「RTしてくれた人をフォローする」

ハッシュタグ「RTしてくれた人をフォローする」をつけてツイートしてみましたが、見事にRTされず。
よく使われるタグな分、流れるのが速いのが原因と思われます。
パズドラ、モンストなどと組み合わせて使えば効果が期待できるかもしれません。

ハッシュタグ「いいねした人をフォローする」にいいね

この方法に戻りました(苦笑)
これで1,000フォロワーまで増やして、ひとまず実験終了としました。
数日、無差別にいいねをしてみましたが、定期でツイートしてるもの、業者っぽいものはあまりフォローしてくれず、ちゃんとしたユーザほどフォローをしてくれるように感じました。
なので、ガンガンにいいねを押してもいいのかもしれません。
(規制や不要なトラブルを避けたいので目視確認していいねしてました。)

TIPS

検索で特定ワードの除外

上記の通り、ハッシュタグを利用してフォロワーを増やしていきました。
ハッシュタグで検索する際に「#いいねした人全員フォローする」だけで検索すると定期や定型文などが大量に出てきてしまいます。
そこで、「#いいねした人全員フォローする -“定期”」とすると「定期」の文字が入ってるものを除外できます。
スペースで複数指定できるので、「#いいねした人全員フォローする -“定期” -“支援” -“稼ぐ”」と言う感じで業者が良く使うワードなどでフィルタをかけることで一般ユーザの方を見つけやすくしました。
文字数の上限があるようで、一定数を超えると検索結果無しになります。

ミュートは検索でも適用される

もうひとつ、ユーザに対してのミュートは検索結果でも有効でした。
これは頻繁に文字を変えたりして毎時ツイートしてたりするのを除外するのに有効。
また、ツイートすべてにタグ入れてたりする方を除くのにも適してました。

所感

特定のソシャゲ強し

私の知識の偏りもあると思いますが、特定のソシャゲで「いいねした人をフォローする」タグを使ってる方が多いように感じました。
定番のパズドラ、モンストがそこそこ。
そして、「ラブライブ」「バンドリ」の2つが結構多い。
バンドリは安定して多いです。(サービス開始が一番新しいですしね。)
ラブライブはメンバーの誕生日のツイートがすごく多い印象。
同様の音ゲーではデレステは上記2つに対してやや少なめ。
ラブライブはキャラ数が限定されていること、また誕生日当日の演出が起動時に入ることなどが多くツイートされる要因かなと。
あとはFGOも結構見られましたが、私がやってないので、いいねを押してません。

外国からのフォロー

フォロワーがある程度(数百くらい?)になった頃に外国からのフォローが増えました。
フォロバをすると次から次へとフォローされました。
このままだと自分のアカウントが規制される可能性もあるため、フォロバは日本限定とし、外国のフォローを外しました。
しばらくするとフォローが来なくなりました。
この辺は全部繋がってるみたいですね。

インプレッションは約100

1,000まで増やしましたが、1日1ツイートでインプレッションを見てたところ、どの日も大体100インプレッション程度でした。
フォロワー数に比例しませんでしたね。
まあ、実験アカウントと書いてるのもあり、フォロー後ミュートされたりと言う感じでしょうか。
普通の使い方をしてるアカウントだとまた違うと思います。

結論:数に意味はない

なるべく業者やbotを避けて集めてみましたが、あまり数に意味はないと感じました。
インプレッションもメインで使ってるアカウントの方が良いですし。(フォロワーは200強。)
ただ、これをやることで流行りや、いろんな世代のネットリテラシーとかを垣間見れたりしたのはおもしろかったですね。
今はリツイートしてアカウント間を繋ぐハブのようなことをしてみてます。

思い出しながら書いたのでいろいろ抜けてるかもしれません。
何か思いついたら追記します。

今回の実験アカウントはこちら

 - 雑話